Share

iOS9.3.3で脱獄した時に気をつけること

この前、やっとiOS9.3.3まで脱獄できるようになりましたね。

ということで、階段から落下させ画面がバキバキになったiPod Touch6GをiOS9.3.3で脱獄した後にやったことをまとめてみました!

スポンサーリンク

「PPHelper」を使って脱獄

Panguアプリの署名問題もあり、やむを得ず「PPHelper」を使って脱獄しました。

0348f4d1842179d993406fc5457d3690

詳しい方法はTools4Hackの記事をどうぞ。

スポンサーリンク

再起動後は再有効化しないと脱獄アプリが動作しない

今回の脱獄の大きな特徴でもある話ですが、再起動後は「PP盘古越狱」というアプリで最有効化しないと、Cydiaすら起動しないようになっています。

「重新激活」を押し

Co0QiUbUsAAa5cI

こうなったらロックすると自動的にリスプリングがかかり操作は完了

Co0QiXUVUAAG98R

少々手間がかかりますが、リスプリング時には必要ないのでまだ許容範囲ってところですかね。。

スポンサーリンク

iOS9.3.3で脱獄した後にしたこと

「ターミナル入れましょうね~」的な基本的な話は特にせず、iOS9.3.3で特別したことについて書きたいと思います!

システム領域の空きが少ない時には「Stashing for iOS 9.2 – 9.3.3」

今回の脱獄は、システムファイルがユーザー領域に移動されず、システム領域の空きが極端に少なくなっています。

数個の脱獄アプリを入れただけで空きがほとんど無くなった

Coz_cVlUAAApDu_

そんな時には、「Stashing for iOS 9.2 – 9.3.3」の出番です。

http://coolstar.org/publicrepo

をリポジトリに登録し、「Stashing for iOS 9.2 – 9.3.3」をインストールすれば、脱獄アプリなどがユーザー領域に移動され少しはシステム領域に空きができます。

「Stashing for iOS 9.2 – 9.3.3」をインストールした後の空き容量。ちょっと余裕ができた

Coz_cYHUIAAXZND

また、「Stashing for iOS 9.2 – 9.3.3」はインストール時に移動作業を行っているだけなのでこまめに再インストールを行うと空き容量がもっと増えるかもしれません。

「libstatusbar」がiOS9.3.3に非対応なので「libmoorecon」をインストール

ステータスバー系脱獄アプリに欠かせない「libstatusbar」がまだ、iOS9.3.3に対応していません。

そこで、iOS9.3.3までに対応した「libmoorecon」をインストールします。

インストールするには

http://tateu.net/repo/

↑このリンクタップで登録できます

をリポジトリに登録する必要があります。

まだ、「libmoorecon」には動作が不安定なことがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

たまに、再起動後の有効化がうまくいかないことがあったり若干不安定さが残りますが、iOS10の話もあるので、復元し放題な今のうちに脱獄しておくのも手かもしれませんね!

では!

関連リンク

2001年生まれの現在中学3年生の男です(・∀・)
プログラミングや、Jailbreakを中心にいろいろやってます。
  • 碇シンジ & 式波アスカ

    ios9.3.3 脱獄状態でのLINE非公式着せ替え(他の人の着せ替えURL)の適用方法が知りたいです

Share Me!